投稿

【M3-2020秋】3rd Album「UwU」頒布情報とセルフライナーノーツ

イメージ
どうもみなさん、けぷとんです。いかがお過ごしでしょうか。もう寒くなってきました。すっかり秋ですね。
今回は、タイトルの通り、音楽系同人イベントM3-2020秋にて頒布する新譜「UwU」の情報についてのお知らせです。それに加えて、セルフライナーノーツ的な、各楽曲に関する雑談をできればなと思います。


本題に入る前に、M3運営公式Twitterアカウントから、今回のイベント一般参加についてのアナウンスがツイートされていますので、以下に共有します。特にリアルイベントに一般参加される方は必ずお読みください。よろしくお願いします。
トピックスとしてはマスク着用で入場してねWebイベントも同時にやるよ事前にリストバンドから参加登録を行ってねリストバンドは入場証でもあるから無くさないでね入場可能な時間が決まってるからリストバンドを確認してねです。
また、今回はリアルイベント会場に試聴用のヘッドホンは持ち込まない予定です。お手持ちの音響機器から試聴動画のURLへ飛んでいただき、試聴を行っていただければと思います(新譜の試聴動画へのアドレスを記したQRコードは、スペースで掲げる予定です)。

今回のM3への参加にあたっては必ずマスクの着用をお願いします。着用されていない方は入場をお断りいたします。
マスクは鼻・口・顎まで覆うもので材質は問いません。(フェイスシールド、マウスガードはこの条件を満たしません)
なお、特段の理由がありマスクの着用ができない場合はご相談ください。 pic.twitter.com/qQwgfk8Amj— 音系・メディアミックス同人即売会「M3」 (@m3doujin) October 12, 2020

M3-2020秋 一般参加ご案内 をHPに掲載しました!
ついにそのベールを脱ぐ併催Webイベント!

一般参加の方だけでなく、サークル参加の方も是非ご確認ください。https://t.co/RV5qoXWkrB#M3秋#M3オンラインpic.twitter.com/FVzmp67Nbj— 音系・メディアミックス同人即売会「M3」 (@m3doujin) October 16, 2020

重要!【すべての参加者の方へ】
一般参加の方もサークル参加の方も、会場に入るまでに必ず「参加登録」をお願いします!!

すでにお手元にリストバンドがある方は、今すぐ参加登録をお願いします。#M3秋pic.tw…

EOS R6とEF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USMで撮影してみた

イメージ
どうもみなさん、けぷとんです。 残暑が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。私は夏バテになったり回復したりの繰り返しで、なんとか生き延びています。今回は、最近発売されたEOS R6を購入し、無事に家に届きましたので、それとEF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM (緑ハチマキちゃん)を組み合わせて、外で撮ってみました。このレンズについての話は、前回の記事を参照ください。すでにディスコンになってますが、焦点距離の割にコンパクトなレンズで、私の最近のお気に入りです。合体っシステム構成は以下の通りです。Canon EOS R6 (バッテリー込み: 680g)Canon コントールリング付きマウントアダプター EF-EOS R (130g)Canon EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM (720g)

組み合わせるとこんな感じ。


レンズフードも組み合わせて、望遠端まで伸ばすとちょっとゴツく感じるかもしれません。でも、デフォルトの全長がこの短さで300mmまでズームできるのは、今のところ緑ハチマキちゃんぐらいしか無いです。


トータル重量は 680 + 130 + 720 = 1530g ということで1.5kgです。割とずっしりくる感じです。片手で持てなくは無いけど、ちゃんと構えた方が安定するレベルの重さです。
…というかこの時点で、フルサイズセンサー搭載のカメラ本体がレンズより軽いという事実に驚かざるを得ないですね。
撮ってみた
場所は度々訪れる上野恩賜公園でございます。とはいえ、 昨今の状況になってから、久しく訪れていませんでしたが。
また、ここで紹介する写真は全てjpg撮って出しになります。

まずはこの蓮の花の蕾。淡い桃色と青々とした葉の色の対比を捉えました。夕方ごろだったのですがピントはすぐに合いましたし、被写体の解像感も問題無いと思います。背景のボケも自然な感じで良いと思います。


咲いている状態の蓮の花がその近くにありました。もう少し露出を上げてもよかったかもしれませんが、落ち着いた雰囲気になっているこれもまたこれで好きです。


続いて、動物瞳AFを使ってカルガモの目にフォーカスを合わせました。写真をご覧の通り、ピントはバッチリ合っています。あと、ISO4000まで上がってるのに水紋がトゥルットゥルでビビりました。


広角側でも撮ってみました。花の鮮やか…

EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USMを購入した話

どうもみなさん、けぷとんです。お元気でしょうか。太陽の光を浴びてますか?私はタイミングがあればなるべく浴びるようにしてます。とは言え最近は暑いし雨ばっかりで億劫になりがちですが(´・ω・`)さてさて、今日はカメラのレンズの話です。購入から2ヶ月弱経ち、いろいろと使ってみたのでいろいろと雑に感想を書いてみたいと思います。出会いはいつも突然このレンズを最初に見かけたのは今年の5月末。いろんな中古品を扱うお店が地元にあり、何気なくそのカメラコーナーに立ち寄ったところ、このレンズが陳列してありました。
中古のEF70-300mm F4.5-5.6 "DO" IS USMの実物をお店で見つけたんだけど、写りの評価が軒並み「クセが強い(CV: ノブ)」で逆に気になってる。実際どうなのか教えて偉い人…( ˘ω˘ )— けぷとん (@kepton_e) May 31, 2020初め、値札を見たときに、EF70-300mm F4.5-5.6 くらいしか商品名が書いてなくて、「普通に70-300mmのズームレンズかあ」と思ってそのままスルーしかけました。しかし、よく見ると広角側の絞り開放がF4.5で、ちょっと見慣れない数値であることに気づきました(安価なズームレンズだとF4始まりがよく見かけるイメージ)。それで、調べてみたら今回の記事のタイトルのレンズであることが分かったというわけです。ディスコンになったコンセプト?レンズこのレンズについていろいろ調べてみると、このレンズは2017年に生産中止になっているようでした。現在、これの後継機にあたるレンズはいまだ出ておらず…。また、「DOってなんやねん」と思ってそれについても調べたのですが、光の回折現象を利用して(軸上)色収差を抑えるためのレンズを指すようです(DO = Diffractive Optics: 回折光学素子)。なかなか珍しいレンズだなと思ったので、俄然興味が湧きました。 

買って、使ってみたとりあえず1週間ほど検討し、購入することにしました。
pic.twitter.com/V1cc1yoHh9— けぷとん (@kepton_e) June 7, 2020
私が中古ショップで見つけたものは5万円弱でした。ちなみに発売当時の価格は税別で174,000円だったので、それから考えると1/3の値段で購入することができまし…

Hopefullyと鏡花水月

イメージ
どうもみなさん、けぷとんです。




いかがお過ごしでしょうか。いろいろあって家にいる時間がかなり増えてきていると思いますが、お元気でしょうか。


今週に入ってから、新しい曲を2曲アップロードしました。「突然どうした!?」ってくらいの短いスパンで公開したので、その理由をいろいろここで書いていきたいと思います。






Hopefully
まず、1曲目はHopefullyという曲です。軽快なテンポと爽やかなメロディのサビが特徴かなと個人的には思います。







鏡花水月
そして2曲目は鏡花水月という曲です。こちらは少しゆったりしたテンポでマイナー調の曲となっています。













…んで、なぜこのタイミングでこの2曲を?
この2曲、一聴すると曲調はそれぞれ違った雰囲気を持っていると思いますが、大きな共通点があります。実はこの2曲、






楽器構成がほぼ100%同じ




なのです。




つまりどういうことかというと、片方のプロジェクトの楽曲データからもう片方のプロジェクトを新規作成し、演奏のデータのみを新たに書き下ろすという手法をとりました。楽器やエフェクトの追加、廃止はあるものの、最小限に抑えています。これは、今まで楽器構成単位でのプリセットを持たなかった自分にとっては新しい試みで、ある種自分へのチャレンジという意味もありました。それだけ、この構成が一つの完成形に近いかなと、思ったのでした。

あと、ここでお伝えしておきたいのが、先にできたのは鏡花水月の方だったということです。なので完成した順序は、アップロード順と逆になっています。むしろ、Hopefullyの完成を待ってから、鏡花水月の公開をするというスケジュールになりました。


このようにして、ほぼ同一の楽器構成で、印象の違う音楽を自分に作ることができるのかというチャレンジを、試みた結果がこの2曲ということになります。


各曲の解説
Hopefully
前述の通り、先に完成した鏡花水月の楽曲データをテンプレートとして、改めて作成したプロジェクトがこの曲になります。最初のアイディアは断片的なメロディだったのですが、ピアノでコード進行を固めて、それに合わせて修正していったものがサビのメロディになりました。

この曲はサビと次のAメロへの繋ぎの部分が初期に出てきたのですが、その他の部分がなかなか決まらなくて、ちょっと悪戦苦闘しました。なので、ひたすらピアノを手元で弾きながら…

【告知】M3-2020 春 CD頒布情報【+少し解説】

イメージ
どうもみなさん、けぷとんです。

2020年始まってそろそろ1ヶ月が経ちますが、いかがお過ごしでしょうか。私はスキー行きたい欲が高まっているので、暖冬から逆転してわんさか雪が降った状態でスキー場を訪れたいと思っているところです。




そんなこんなで、今回の記事は表題の通り、音楽系同人イベントM3-2020 春で頒布するCDの情報をお伝えしたいと思います。

今回の新譜は、4曲入りのEPとなっています。1年前に出したダブルEPとは違い、前作のアルバムからのシングルカットはありません。なんということでしょう。



タイトルは
あおむけ です。

ジャケット画像はこちら



ジャンル: Melodic Instrumental全4曲見開きブックレット(予定)1 CD / ¥500
Track List
Bird, Sea, And Vaporネオン最期の朝Dreamer In The Dark
試聴動画
今回は1曲目、4曲目をフルで公開済みです。


Bird, Sea, And Vapor




Dreamer In The Dark


タイトルについて
今回は主に以下のテーマに沿って構成しています
ピアノ主体ゆったりメロディはありつつコード進行中心寂しさ冬の冷たさ夜"最後の朝" → “… the Dark"仰向けで聴きたい
特に一番下のポイントにフォーカスして「あおむけ」というタイトルになりました。公開している楽曲を聴いていただくと分かりますが、曲調としては穏やかなイメージで統一されています。

このイメージになったきっかけは?
前回、2ndアルバムを頒布している際に「ゆったりしたナンバー」をまとめたEPというのを作ってみるアイディアが浮かんだためです。自分の作風としては、アルバムにまとめるというところが一つの目標になっているので、構成する時の全体の流れを考えて色々なタイプの楽曲を作っています。ですが、今回はそれをあまり考えずに「穏やかな曲のみ!」にフォーカスを絞って作ってみました。

当初は、入眠用の曲を…ということで「眠EP」なるものを作ろうという思って始まったのですが、どうも自分の作風とイメージが合いませんでした。それならと「どこかで寝っ転がりながら聴く」というテーマに変えたところ、何となく今回の方向性にイメージが膨らんできたという経緯です。

"Bird, Se…

2019年個人的ニュースまとめ

どうも皆さん、けぷとんです。

2019年ももう終わりですね。皆さんはどのような一年になりましたでしょうか。
せっかくなので、今年の個人的なニュースをまとめたいと思います。

スキー、同シーズンに同じゲレンデに二度立つ
今年の2月と3月に友人とスキー旅行を敢行しました。場所は上越国際スキー場で、両月とも同じ場所で滑走しまくりました。以前も何度か訪れたことのあるスキー場ではありましたが、宿泊先のホテルから最奥に位置する当間(あてま)ゲレンデにたどり着くことができたのが特に印象的でした。最奥ということもあって、滑走者も他のゲレンデに比べて少なく、雪質も良かったです。また訪れた際には、時間が許す限りはあの場所でまた滑りたいなと思いました。


味わい尽くしました⛷ pic.twitter.com/GXkdyoV6vb — けぷとん (@kepton_e) March 18, 2019
一眼レフカメラの購入
以前までコンパクトデジカメを持っていましたが、3月末についに一眼レフカメラを購入しました。これによって、写真を撮ることがより楽しくなりました。特に写真の露出がどう決まるのかについては、ちゃんと理解をしようと色々知識を入れるようになりました。その結果、今まで以上にこだわりながらシャッターを切れるようになった気がします。気がするだけかもしれません。TwitterやInstagramに写真をアップする頻度が極端に上がったのもこれがきっかけですね。画質が向上したことによって、デスクトップPCの壁紙にも持ってこいです。

Finding my life in the pic.twitter.com/uAXzuJhOZ0 — けぷとん (@kepton_e) March 30, 2019

APS-Cサイズ一眼レフのここがすごい!
・2420万画素の青空が撮れる
・2420万画素の紫陽花が撮れる
・2420万画素の堅あげポテトが撮れる
・2420万画素のサカムケアが撮れる — けぷとん (@kepton_e) July 26, 2019 2枚目のアルバム、頒布分が完売 今年のM3-2019秋では、自作曲の2nd Albumが無事完成し、頒布しました。そして、持って行った分は全て来場者の方に行き渡りまして、参加し始めてから初めての完売となりました。大変嬉しく思いますし、少しずつ自分の作った作品が広ま…

【告知?解説?】Obtain The Future セルフライナーノーツ【M3秋-2019】

イメージ
どうもみなさん、けぷとんです。


今月末にいよいよM3秋-2019が開催されます。今回は、そこで頒布される新譜「Obtain The Future」のライナーノーツを、私けぷとん自身で書き起こしてみました。
自分書いてるのに本人曰くとかいう謎の表現が登場してますが、そこはそういうノリだということで此処はひとつ。各楽曲のモチーフとなったものがもしかしたら見えてくるかもしれません。楽曲と併せて、楽しんでいただけると幸いです。



本作の試聴動画はこちらです↓



Track List
跳ねる命 → https://youtu.be/9xKI_2y8aiw
You're My Healer → https://youtu.be/VdW6Dd3AjhE

Mysterious World → https://youtu.be/iesUjbqEet4
光のゆれる水面
冷たい夏
Slow, Into The Sorrow
Go Ahead Without Tears
二度と戻れない
Happy Twilight
わかれみち
--- Bonus Track --- You're My Healer (Electric Version)

リンクのあるものはすでにフルで聴くことができます。


Obtain The Future — Overview
前作は、一枚のアルバムではなくアラカルトをまとめた印象があったが、今作から1枚のアルバムとしてのまとまりを意識した制作になった。そのため、インタールードの要素を持ったシンプルな楽器構成の曲が途中に入っている。音楽のジャンルとしてはインストながら様々なジャンルのエッセンスを含んでおり、改めてMelodic Instrumentalと銘打っている。

アルバムタイトルについて、本人曰く「"自分の力で"未来を掴み取るというイメージに一番近い単語としてobtainが一番しっくり来た。ちょっと堅い言葉だけども」。また「現実とはちょっと違う世界を描いてる曲がいくつかあって、そういった異世界から自分が進歩するヒントを得て、"前に進む=未来を獲得する”という意味も含まれている。ちょっとファンタジーな感じ」と述べている。

前作から引き続きジャケットデザインはけぷとん、加えて、ブックレットのデザインもけぷとん自身が行なっている。超自然および自然を…